志野傘車輪文平鉢しのかさしゃりんもんひらばち

  • 岐阜県・美濃窯
  • 桃山時代
  • 16c
  • 美濃陶製
  • H-4 D-17

 桃山時代を代表するやきものである志野は、瀬戸黒とほぼ同じ頃に焼き始められた日本で最初の白い焼物であり、絵筆で文様の描かれた最初のやきものでもあった。無地志野が基本であるが、その本領は、釉下に鬼板と呼ばれる酸化鉄で鉄絵が施された絵志野にあるというべきであろう。その他、赤志野、練上志野、鼠志野など、多様な作風が展開された。志野は、織部とともにまさに日本の食器を代表する花形といえよう。志野には唐津焼と共通した文様や意匠が多く見られ、両者の交流をうかがわせるのが興味深い。これは2輪の車と大きな傘の絵が描かれた平鉢で、鬼板の赤い発色もよく、一客なのが惜しい作品である。

美濃焼(みの)

美濃国(現在の岐阜県)の東部地域(東濃地域)で生産されるやきものの総称。その起源は奈良時代の須恵器窯にまで遡り、室町時代末期に瀬戸の陶工たちが美濃に移住していわゆる美濃物と呼ばれる桃山陶器が焼き始められたとされています。


織部筒茶碗 織部瓢絵四方鉢 志野芒文鉢 黄瀬戸鉦鉢 黄瀬戸輪花鉢 織部切落向付 5客 鼠志野向付 志野四方向付 黄瀬戸輪花向付 5客 織部茶入 織部火入

志野(しの)

16世紀後半の1580年代後半以降に美濃で焼かれたとされるやきもので、長石釉を掛けた白色の陶器です。無地志野、絵志野などがあります。


志野織部徳利 志野芒文鉢 鼠志野向付 志野四方向付