獅子頭装飾ブレスレット - MIHO MUSEUM

獅子頭装飾ブレスレットししあたまそうしょくぶれすれっと

  • イラン
  • アケメネス朝ペルシア
  • 前5世紀後期-前4世紀頃
  • H-3.8 W-6.7

撚りをかけられた太い金線2本と、その両側にろう付けされた断面円形の金線からなる。本体にはそれぞれ湾入があって、底部であることを示すとともに、このタイプの腕輪に共通するインゲン豆に似た形を作り出している。中実で鋳造されたライオンの頭が腕輪本体の両端を飾っており、頂部は口が開いている。ライオンの頭の表現は単純で、金線を使ったS字形の渦巻文様-本体と先端装飾との継ぎ目を覆うためのものと考えられる-を除いては、細部にわたる装飾はほとんど施されていない。

帝都建設の銘文

――そして此は私がスサに建てた宮殿。その資材は遠方より齎された。地面を地中の岩盤まで深く掘り下げた。土を取り除くと砂利が敷き詰められ、あるところは40キュビットあるいは20キュビットに達した。宮殿はこの砂利の上に建てられたのである。地中深く掘り、砂利を敷き詰め、泥煉瓦を作る―――――これら全ての作業はバビロニア人が行った。 杉材はレバノンの山からアッシリア人がバビロンまで運び、カリア人イオニア人がスサまで運んだ。シッソ材はガンダーラとカルマニアから、ラピス・ラズリ、カーネリアンの準貴石はソグディアナから。トルコ石はホラズム、銀とエボニー材はエジプト、壁の装飾はイオニア、象牙はエチオピア(クシュ)やインドそしてアラコジア、石柱はエラムのアビラドゥから運ばれた。石職人はイオニア人、リディア人。金細工師、象嵌細工師はメディア人、エジプト人。バビロニア人は煉瓦を焼き、メディア人、エジプト人は壁を装飾した。 このスサにすばらしいものを建てんとし、すばらしいものができた。願わくばアフラマツダの神が私、父ウィスタシュパそして我が同胞をみそなわし賜わんことを。

Walter Hintz/ The Elamite Version of the Record of Darius's Palace at Susa / 1950 Journal of Near Eastern Studies Vol.IX No.1

ペンダント付トルク 宝飾品ー腕輪、トルク、イヤリング、首飾、指輪印章他 有翼獣文様鉢 鴨装飾ブレスレット 鴨装飾ブレスレット 馬形リュトン 帝王闘争文様鉢 獅子頭形杯 有翼山羊装飾ブレスレット 双獅子頭装飾ブレスレット 二頭の馬浮彫 ライオン・グリフィン形リュトン メディア人従者浮彫

Catalogue Entry

The lion's-head bracelet represents a familiar Achaemenid jewelry type, and even the indentation at the bottom of each of these circlets follows Achaemenid conventions.1 The details, however, are not in keeping with the standards of Achaemenid palace--style jewelry. This is especially true for the flat rendering of the bottom of the animals' heads. Only the carefully arranged manes are somewhat reminiscent of Achaemenid images. The twisted golden wires within the circlet are also unusual, and the rather abbreviated scrolls at the little cuffs under the lions' heads clearly refer to Greek decorative art. It should be noted that the lion bracelet was incorporated in the repertory of Graeco-Persian ateliers long before the breakdown of the Achaemenid Empire.2 However, these two bracelets are likewise far from Greek standards, and consequently they should be attributed to a somewhat provincial region with a local workshop tradition that must have had contact with both the Achaemenid and the Greek repertories. The style is not truly Greek but shows familiarity with Greek traditions, not from the heartland of the Achaemenids but influenced by the courts of the satraps (local Achaemenid governors). Present knowledge does not allow a precise regional attribution, but from the cultural point of view, the western regions of the Persian Empire, such as the northern shores of Asia Minor, would provide a perfect setting.

In view of the lack of truly Persian forms and the use of a Greek detail, a later Achaemenid-period date seems to be more appropriate than an earlier one.
MP


1. See, for example, bracelets from Susa in Paris, Louvre: Morgan 1905, pp. 48-49, fig. 78, pl. 5.1-.2. For other parallels, see Pfrommer 1990b, pp. 97-99.
2. See Pfrommer 1990b, pp. 100-7. For a piece with scrolls see ibid. pp. 339-40, no. 100; Hoffmann and Davidson 1965, pp. 158, 170-72, no. 63, fig. 63a,b.