神霊文様壺 - MIHO MUSEUM

神霊文様壺しんれいもんようこ

  • 東イラン
  • 前3千年紀末期-前2千年紀初期
  • 緑泥片岩、トルコ石他
  • H-23.5 D-8.6 W-12.9
解説(開館1周年記念展)

この緑泥岩製の壷の正面中央には、二頭の牡牛の上に跪く男性が牛の角と耳を頭部につけ、両手には蛇をつかむ姿が刻まれ、反対側には二頭の豹の上に同様に跪く男性が牛の角を頭部につけ、両手には牡牛の角と尻尾をつかんでいます。この壷の右側面の上には猛禽が大きく翼をひろげている姿、左側面の上には二頭の牛の上に牛の角をつけた男性が跪いて両手に蛇をつかんでいる姿が見えます。これらの男性像は太い帯をつけたキルトをつけ、筋肉の盛り上がった上半身をむきだしにしていますが、この姿は紀元前三千年紀の東イランにしばしば見られます。この衣装はメソポタミアの影響をうけていると考えられますが、人物が跪き牛や豹の上にのる姿は東イラン特有のものと言えます。他の緑泥岩製の器の例では人物が豹の上で蛇をつかんでいるものと牡牛の上で水のようなものをつかんでいるものがありますが、この蛇はおそらく水を象徴したものではなかったかと想像され、これらの人物はなんらか天候に関係した神霊を表現したものと思われます。また豹の上で牡牛を両手に掴む人物はメソポタミアの獣の支配者の姿を連想させます。おそらくこの複雑な装飾をほどこした壷は農耕と狩猟に関わる神霊を表現したものだったのでしょう。
この種の緑泥岩製の器は紀元前三千年紀の東イランで制作され、広く西アジアに広まったもので、注文に応じメソポタミアの要素をも表現したものが見られます。表面に多くあけられた穴にはトルコ石などきらびやかな石が象嵌されていたと考えられ、いくつかの穴には白く変色したトルコ石と思われるものがまだ残っています。

解説(古代バクトリア遺宝展)

前三千年紀 
緑泥片岩、トルコ石他
高23.5 cm 口径8.6 cm 底部径12.9 cm
 この凍石製の容器は細長い円錐台形の上部がやや広がった形状をし、その胴部には牛角を頂く人物を含む浮彫彫刻が施されている。人物は長髪で筋肉質の上体をむき出し、短いキルトを着け太い帯をしめているが、豹に跪座し両手にそれぞれ牡牛の尻尾と角を掴む者と、牡牛に跪座し両手にそれぞれ蛇を掴む者がある(13頁展開図参照)。上段には牡牛に跪座する形の小さい人物が口縁付近に再び表れ、その傍らには大きく翼を広げる猛禽の姿も見える。象嵌装飾のためにあけられた穴に、象嵌された石がいくつか残っている。
 紀元前三千年紀初期から中期にかけて東イラン・西中央アジア(バクトリア)の地域では凍石製の容器が多く作られ、その表面には浮彫で抽象的な意匠の他、植物、牡牛、豹、ライオン、猛禽、蠍、建築物そして人物、天体などが表現されていた。更にトルコ石やカーネリアンなどの貴石が象嵌されたが、このようなきらびやかな器が交易され、ほぼ西アジア全般に広まったことから、この器の様式を多文化間様式と呼んでいる。イラク・カファジェ出土で東イラン由来とされる凍石製容器には本作品の人物意匠と類似したものが見られるが、これらの人物は天体の意匠を伴い、水やそれを象徴すると思われる蛇を掴んでこれらを支配しているように見える。
 本作品には人物に掴まれた牡牛が登場し、カファジェの容器にはライオンが仰向けの牡牛を貪り猛禽もそれを狙っている場面が見られる。これらは後の拝火教に見られる生命の源である水と、その死によってすべてのものを産みだす牛、そして西アジアの伝統的な天候の神の使いである牛という要素に繋がっていた可能性が考えられる。近年の発掘では、この拝火教に通じる要素をもった神殿遺構がすでに中央アジアの青銅器時代に見られることが知られている。これらの牛と蛇あるいは水を支配する人物は神霊の表現であると考えられ、牡牛の座は冬(雨期)の象徴、豹の座は夏の象徴と考えられ、古くから農耕が行われたこの地域の人々の願いが込められていたと思われる。

Catalogue Entry(Bac#001)

3rd millennium B.C.
Chlorite schist, turquoise
H. 23.5 cm, Mouth dia. 8.6 cm, Base dia. 12.9 cm
This soapstone vessel has a tall thin cylindrical shape that flares a bit in the upper section. The sides of this jar are carved with relief images including human figures wearing bull horns. These figures have long hair and muscular torsos, and wear short kilts with thick belts. One figure is seen kneeling on a leopard with both hands grasping the tail and horns of a bull (see the rendering of entire composition on vase, p. 13). Another figure is seen grasping a snake in both hands. The upper section of this jar shows a smaller figure crouching on a bull, and this figure reappears near the mouth of the jar, with a bird of prey with wings spread shown next to the small figure.
The holes cut into the surface of the jar would have held inlaid work, and a few stones remain inlaid on the piece.
From the beginning to the middle of the 3rd millennium BC there were a great many soapstone vessels made in Eastern Iran or western Central Asia (Bactria), and in addition to abstract figures, their surfaces were carved with relief images of plants, bulls, leopards, lions, birds of prey, scorpions, buildings, human figures and astronomical bodies. These relief images would then be inlaid with either turquoise or carnelian stones. This type of glittering vessel was used as a trade item throughout Asia. Thus we can say that the style of these vessels was a inter-cultural style. The soapstone vessel which was excavated at Khafaje, Iraq, said to come from Eastern Iran, has figural designs like those seen here, but those figures are thought to represent constellations as they are shown accompanied by a snake and water.
A bull is shown grasped by a figure on this jar, while the Khafaje vessel shows a lion devouring a bull as a bird of prey aims for the same prey. These figures could possibly represent the water which is the source of all life in the beliefs of the later fire worshipping religions, and the bull whose death gives life to all things, or the bull which is seen as the messenger of the heavenly gods in west Asian traditions. Recent excavations have shown that temple structures with elements common to the fire worshiping religions already existed by the Central Asian Bronze Age. These human figures supporting water, bulls or snakes are thought to be expressions of god spirits, with the bull constellation seen as the symbol of winter (the rainy season), the leopard the symbol of summer. Thus we can see the desires of the people of this region who had been involved with agriculture since antiquity.