浅鉢

  • 東地中海地域
  • 紀元前2-紀元前1世紀
  • ガラス
  • H-3.2 D-13

モザイクガラスとは、それぞれ色の異なる長いガラス棒が一つのパターンを形作るように合わせて束にしたものを指し、それが融合するまで熱せられ、冷やしてから薄く切り、その断片にできた模様を家具や壁面に嵌め装飾した。この皿の場合はそのモザイクガラスの小片を皿の雌型にならべて雄型をがぶせ、更に熱して小片同士を融合して皿に仕上げたものである。

 モザイクガラス小片を型に並べて鋳造した浅鉢。口縁部はやや立ち上がり、側壁は丸みをおびた底部へとなだらかに移行する。器体は、黄褐色透明、紫色透明、白色のガラスを溶着して切断した、4種類の渦巻文と縞文のモザイクガラスで構成され、所々に黄色、白色、青色、黄緑色の不透明ガラスの断片が配される。また口縁部には黄褐色透明ガラスに白色ガラスを螺旋状に巻き付けた紐を貼り付けている。内外面ともなめらかに磨かれる。透明ガラスと不透明ガラスで作られた渦巻文と縞文は、ヘレニズム時代に特徴的なモティーフの1つである。透明ガラスと不透明ガラスを組み合わせたことによって、器面に多様な変化がもたらされている。

Catalogue Entry

A shallow basin cast from mosaic glass fragments aligned in the mold. The mouth rim stands up slightly, while the rounded vessel walls make a smooth transition to the base. The vessel body is made up of cut slices of fused yellowish brown translucent, purple translucent and white glass, which have been combined into four types of swirl and stripe patterns. Opaque fragments of yellow, white, blue and yellowish green glass have been scattered among the mosaic pieces. A band of yellowish brown translucent glass wrapped in a radiating pattern of white glass has been adhered to the mouth edge. Both inner and outer surfaces have been polished to a smooth finish. The swirling and striped patterns of translucent and opaque glass were some creates a variety of different affects on the vessel surface of the distinctive motifs of the Hellenistic period. The combination of translucent and opaque glass.