切子紫色蓋茶碗(薩摩系)五合きりこむらさきいろふたわん(さつまけい)

  • 江戸時代-明治時代前期(1844-1887)
切子紫色蓋茶碗(薩摩系)五合

 淡く紫色に発色した生地で製作された切子の蓋茶碗である。淡い紫色の生地は珍しく、蓋を開けたときに浮き出るカット文様の美しさは圧巻である。薩摩切子の系譜にある切子製作者が手彫りを手がけた上級の作品と思われる。

Purple kiriko lidded bowls (Satsuma glass method)

These lidded bowls are made with glass tinted light purple, a color that is rare in glasswork. The beauty of the cut glass design seen upon lifting the lid of one of these bowls is astounding. The set represents one of the highest quality works in the lineage of Satsuma kiriko hand-carved glasswork.