アンクとワス - MIHO MUSEUM

アンクとワス

  • エジプト
  • 紀元前1-紀元後1世紀
96.(アンクとワス)解説

 アンクとワスの2つのヒエログリフを組み合わせた方形の飾板。アンクは上部に輪の付いたT字形をしており、生命を意味する。ワスはイヌ科の動物の頭をもち、下端が二股になった王笏で、王権を意味する。青色あるいは紺色の地に、赤色、白色、黄色、紺色で表現されている。Aはアンクの両側にワスが配され、全体が枠に囲まれている。枠の外側には別のモティーフがあったようである。B~dでは、アンクから伸びた両腕がワスをつかむモティーフが繰り返される。アンクの腕からは飾り輪のようなものが垂れ下がっている。この飾板は、アンクの半分とワスで構成されるモザイクガラス単位の表面と裏面を対称形に合わせて1つのモティーフとし、それをつないだものである。

モザイクガラス

Catalogue Entry / Ankhs and Was-scepters

These rectangular decorative panels show a combination of two heiroglyphs, the ankh and was-scepters, with the ankh made up of a T-shaped form topped by a circle and symbolizing life. The was-scepters has the head of a dog-like animal with the lower extremities made into a two-pronged scepter, and symbolizes royal authority. The motifs are depicted in red, white, yellow, and cobalt against either a blue or cobalt background. In (a) the ankh is flanked on both sides by was-scepters and the overall area is framed. It appears that other motifs at one point existed outside the framing. (b) - (d) show a repetition of an ankh symbol grasping the was-scepters with both outstretched arms. Decorative bracelets hang from the arms of the ankhs. These decorative panels are made up of mosaic glass units consisting of half of an ankh and the was-scepters which are then paired front to back to make a single motif element and then connected with other elements of the same construct.

モザイクガラス